• トップページ
  • フォロー
  • 【ジョブコミットレポート vol.1】株式会社オーダースーツSADA社へ新卒社員の方々向けに講義を実施。

【ジョブコミットレポート vol.1】株式会社オーダースーツSADA社へ新卒社員の方々向けに講義を実施。

ジョブコミットレポートでは、株式会社リアステージが運営する「ジョブコミット」での活動などをご紹介していきたいと思います。
今回はジョブコミットを通じてご入社をされた方々に向けて、新人研修を行いましたのでご覧いただければと思います。

ジョブコミットとは?

サービスミッション「世の中の働くを変える、働くをポジティブに」を掲げ、新卒学生の紹介事業を行っております。

採用活動におけるご担当者様の課題を解決することはもちろん、事業拡大に向け必要となる人材の獲得支援、就活生へは、自己実現に向けた就職活動・企業選びのサポートを実施しております。双方の目指す点に対してマッチングを図るため、通常の人材紹介に比べ5倍以上の面談時間を要して、コミュニケーションを行っております。

ジョブコミットについて、より詳しい情報はこちらの記事を参照ください。

ジョブコミットの新しい取り組みとは?

ジョブコミットでは「働くをポジティブに」をテーマに、ご紹介だけではなく入社後のご活躍までサポートしております。今回は「株式会社オーダースーツSADA 様」の新入社員の方向けに、講義を行いました。

紹介会社の多くは、内定承諾・ご入社までのサポートがサービスの内容となりますが、採用の本質とは会社の成長や事業拡大に向けた人材を雇用することと、個人(社員)の自己実現がなされているかが大事になります。そのために当社は今回新たな取組として、入社後の研修を実施いたしました。

株式会社オーダースーツSADAとは?

https://www.ordersuit.info/

1923年に創業し、1957年からオーダースーツ事業をスタート。半世紀以上続く技術力と信頼力でお客様の要望のヒヤリング、提案、自社工場での作成、提供までを一貫して行うことが可能。
CADシステムや自動機の導入により、「高価な紳士服をお手軽な値段で提供すること」を実現。

実施した背景

今回講義を実施した背景としては、サービス立ち上げ当初より社会課題に感じていた、新卒入社後の3年以内の離職率や仕事への満足度です。

現在、1年目で60%強の方が「満足していない・普通」という結果になっております。就職後に思ってた業務ができていないことや、社会人生活に慣れないなど様々な理由があると思いますが、どのような理由でもこのような結果に対して、何かできることはないかと思い、実施に至ったことが背景としてあります。

講義内容とは?

今回どのような講義を行ったのかをご紹介してまいります。

講義の目的

今回の講義を通じて、「働く」をポジティブに考えていただくことをゴールといたしました。入社後、日々の業務や社会人生活を重ねていく中で、入社当初の気持ちを思い出していただき、目的を見失っていないか、見失っていれば再確認していただくことへ重きを置きました。

講義の流れ

それでは実際にお伝えした内容をご紹介させていただきます。

登壇者
株式会社リアステージ サブマネージャー 村上 雄飛
入社からこれまでの軌跡

入社してから今までの経験や社会人としてぶつかった壁、成果を上げるための行動や姿勢などをお伝えさせていただきました。

誰しも壁にぶつかったり、うまくいかないことがあると思います。しかし新卒入社1年目だと、他の会社を知らないがゆえに、他社の方が良いのではないのか?などと考えてしまうことも可能性はあると思います。

どんな会社でも個々ぶつかる壁や伸び悩みを共有させていただくことで、自分だけではないという気づきを持っていただけました。

なぜ辞めなかったのか?

 

このコンテンツでは、改めて目的や目標の確認を行っていただきました。入社当初の気持ちや目標・目的を見失っていないか各々に考えていただくことで、改めて日々の業務や取り組む姿勢などの意味を汲み取っていただきました。

バックグラウンドは違えど、色々な思いで就職活動をし決めた1社であることを振り返る機会になったかと思います。

株式会社オーダースーツSADA社の魅力

第三者目線で、株式会社オーダースーツSADA社の魅力をお伝えさせていただきました。主観的な会社への認識だけではなく、他社から見た魅力をお伝えさせていただくことで、知らなかった一面や改めて自社を好きになるきっかけ作りを行いました。

エージェントという立場だからこそ、採用を軸に会社の経営や事業拡大の戦略、過去の実績、今後見据える中長期的な目標などの情報や、自社から見たら当たり前でも他社から見ると功績となることもあります。そういった点を掻い摘んで、ご紹介させていただきました。

グループディスカッション

この講義を通じてインプットした点も含めて、ディスカッションを行っていただきました。改めて言語化しアウトプットしていただくことで、再度ご認識いただくとともに、同期の同士で意見交換をすることで、交流を深めるかつ色んな視点で知っていただけることができました。

実施後の感想

  • 人は最初から上手くいくものではない、仕事は続けることに意味があるのだと理解出来た。今回学んだ事を今後の社会人人生に活かしていきたい。
  • 入社理由を思い出し、これからどうしていかないといけないかなを考える機会ができた。
    まだまだやるべき事はたくさんあるが地道に学んでいこうと思う。
  • 人の人生、考え方を同期と共に意見を交えながら聴ける機会は中々無いため、貴重な時間だった。
  • 入社1〜2年目で辞めてしまう人が多い中で、目標や目的を持って仕事に取り組むことが継続に繋がり自分のスキルアップにも繋がるのではないかなと思いました。
  • 入社から半年経ち、仕事にも慣れてきた反面失敗も多い時期にこのようなセミナーを受けることができたのは良い機会でした。村上さんのお話を聞いて、成功はすぐに掴み取れるものではなく、努力の積み重ねや継続が重要であると改めて感じました。忙しい時は自分のことでいっぱいいっぱいになってしまいますが、村上さんのように将来の目的を明確にし、自分のことだけではなく周りをしっかり見て今後も努めていきたいと感じました。

 

SADA社 ご担当者様より

参加した新卒メンバーにとって、普段考える機会のない内容を振り返ることで、弊社で働くことへの意味を再確認し成長するための良い刺激を与えていただく非常に良い場となりました。

私の感想としては、現在30歳でマネージャー職を務めており、この業界では若手と呼ばれる年齢で、自分よりも経験のある方や社歴の長い方への接し方やマネジメントをするにあたっての悩みや苦労を共感できました。

また私自身も入社を決意した思いを振り返ることで、今は店頭に立ち第1線で販売する機会は少なくなってしまいましたが、お客様のために行動しているということを認識を強く持つことができました。

改めまして、働くことをポジティブに捉えるための良いセミナーを開催いたただきまして
誠にありがとうございました。

 

まとめ

ジョブコミットでは「働くをポジティブに」をテーマに、各企業様、ご担当者様、就活生の皆様に向き合ってまいります。IT化が進み生産性向上や、テクノロジーの進化による効率化が図られておりますが「人」だからこそできる介在価値を提供し続け、企業成長のサポートを行ってまいります。

「ジョブコミット」について詳しくお話を聞いてみたい方はコチラよりエントリーください。

稲葉 愛採用コンサルタント

株式会社リアステージの内定者として長期インターンを1年半実施し、同社に入社。インターン生時代から採用コンサルタント業務の部署立ち上げを行い、年間100社以上の採用のコンサルティングを実施。現在は、株式会社リアステージ全体の法人営業部門の立ち上げを行い、新卒採用だけでなく、インターン、中途採用など多岐にわたる採用に関するコンサルティング業務を行う。

この記事もあなたにオススメ